沿革

沿革(創立時より詳記・特に分離統廃合等)
明治 6年 10月 松ヶ谷東校,松ヶ谷西校,小松校,井之内校,木戸校の5校開設。
  18年  松ヶ谷東校,松ヶ谷西校,小松校,井之内校,木戸校が合併し,松ヶ谷小学校 となる。
  21年 3月 校舎新築落成。松ヶ谷尋常小学校となる。
  22年 6月25日 松ヶ谷,小松,井之内,木戸村が合併し緑海村となり,緑海村立尋常小学校 となる。
  35年 5月 校舎を増築し,高等科を置き,緑海村立尋常高等小学校となる。
  45年  仮校舎を本校敷地内に移転し,小学校が統合した。
昭和 11年  校舎拡張のため現在地に移転し,開校する。
  16年 4月 緑海国民学校と改称する。
  22年 4月 緑海村立緑海小学校となる。
  23年 9月 緑海小学校PTA発足。
  30年 7月 成東町立緑海小学校となる。
  45年 3月 体育館落成式典。
  56年 11月 新校舎入居式。
  59年 11月 教育放送利用社会科研究会。
  60年 10月 プール落成式典。
  63年 4月 千葉県福祉教育推進校指定。
平成 3年 11月 山武郡市ブロック体育公開研究会。
  5年 8月 体育館床改修工事。
  8年 5月 滑り台設置。
  9~10年  千葉県指定環境教育拠点校。
  11年 6月25日 緑海小学校開校記念日創設。
  11年 7月 アンサンブルオルガン設置。
  12年 8月 パソコン室設置。
  12年 9月 校舎壁面掲示設置。「明るいあいさつ 元気な緑海小の子」
 13~15年  成東町みどりみふれあい事業
 15~16年  千葉県NIE研究指定校
  18年  3月 合併による新市政に伴い,3月27日山武市立緑海小学校に校名変更。 
  19年 8月 校舎外装塗装工事。
  20年 10月 シャワールーム工事。
  21年 4月 千葉県キャリア教育推進研究指定。
   1月 遊具等安全点検,補修。
  22年 6月 体育館建設工事(~2月)。
   8月 屋上太陽光発電設備工事。
   12月 東,北,西側外周フェンス工事。
   3月 津波の避難所となる。住民多数受け入れ。
  23年 5月 山武市陸上競技大会6学年総合優勝
  24年 4月 防災備蓄倉庫設置。
   11月 千葉県学校健康教育顕彰優良校表彰。
 26年

3月
11月
 津波避難階段設置
パソコン室にタブレット型PC導入
 28年
29年
8月
8月 
 教室エアコン設置
トイレ改修