校歌

校歌

 ※音符をクリックすると校歌が流れます。 音符

【校歌制定の経緯】 校歌の石碑
   太平洋戦争末期の昭和20年3月,戦禍により,鳴浜小学校の校舎が全焼してしまいました。
   この校歌は当時の全校児童の心をひとつに結ぶものとして考えられたと伝えられています。
   歌詞には鳴浜の地理が生かされており,また,曲は「明るく,歌いやすく,伴奏がつけやすいように」と工夫されています。
   そして,昭和21年からこの校歌を歌い始めたとされています。


                                                                                                              正門わきにある校歌の石碑