学校経営方針


「成東中学校の教育に責任を持つ」

 

1 学校教育目標

(1)基本目標

礼節と規範を重んじ,自ら学び自主的・自律的に生きる心豊かでたくましい生徒の

育成を図る。

(2)具体目標

  ①礼節と規範を重んじ,自分の判断と行動で自律的に正しく生きようとする生徒を育む。

   ○心をつなぐ挨拶すがすがしい返事の励行

(・挨拶,返事を人間関係づくり,絆づくりの基盤と考え,人としての生き方を考え る。)

  ②世界の未来に目を向け,豊かな思いや願いの実現のために自ら学び,根気よく努力を続ける生徒を育む。

   ○わかる授業の実践と授業時数の確保

   ○朝読書の充実

   (・朝読書の静寂の中から1日が始まり,書物を窓とし世界に目を向け,1日1読の習慣化を図る。)

   ○学習タイムの充実

歌声活動の充実

   (・学校の伝統である合唱をさらに発展させ,一人一人の居場所がある学級集団づくりをめざす。)

  ③たくましく生きぬく気力,体力,学力を培い自己の特性を磨き他を思いやる生徒を育む。

   ○適応指導の充実

   (・学級集団づくりと個の理解を深め,個人,学級,学年,学校の各段階で欠席,遅刻なしの日をめざす。)

   ○清掃の励行

   (・校舎や公共物を大切にし,後輩に託していく思いやる心と自らの責任を果たす勤労の精神を培う。)

   ○部活動の活性化

   (・部活動加入をすすめ,活動の継続を促す。)

(3)めざす生徒像と学校像,教師像

  ①めざす生徒像

   ○自ら学習する生徒

   ○礼儀正しい生徒

   ○自ら働く生徒

   ○心のやさしい生徒

   ○自ら運動する生徒

  ②めざす学校像

   ○しっかりと学びが保障されている学校

   ○いじめのない安心できる学校

   ○地域とともにあり信頼される学校

  ③めざす教師像

   ○使命感に燃え,常に愛情を持って生徒に接する教師

   ○ロマンを持ち,アイデアを生かし,率先して行動する教師

   ○授業に全力を尽くし,信頼され慕われる教師

3W4S (フットワーク,チームワーク,ネットワーク,センス,スピード

      サービス,サポート)をめざす。

                 

2 学校経営の重点

(1)経営の基本方針

  ①「生徒第一主義」の立場に立ち,常に「生徒のためになるか」を基準として,教育愛を根底に教師の使命を自覚し,知徳体の調和のとれた生徒を育む。

  ②教師の率先垂範によって活気と節度,温もりのある学校を創造するとともに,将来に夢を持たせる教育を推進する。

  ③生きる力の根源を健康と基礎基本の学力と考え,運動と学習の双方にうちこむ文武両道の校風を築き,生きて働く力を育てる。

  ④地域とともにあって信頼される学校をめざし,家庭・地域・関係諸機関との連携を積極的にすすめる。

  ⑤共通理解,同一歩調による指導や,報告,連絡,相談,記録の徹底をはかり,全職員一丸となった協働による教育活動を推進する。

(2)学習指導

  ①基礎基本・確かな学力の定着をはかる。

  ②わかる授業の確立をめざし,少人数など個に応じたきめ細かな指導を行い,指導法の工夫・改善に努める。

  ③望ましい学習習慣(規律)の確立をはかり,意欲的・追究的な態度の育成に努める。

  ④生徒指導の機能を生かした学習指導に努める。

  ⑤生徒の意欲を高める評価方法の工夫改善に努める。

  ⑥学習内容により,ICT機器を積極的に活用し,生徒の興味関心を高め,主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業展開に努める。

(3)道徳・特別活動・総合的な学習の時間

  ①「善悪の判断力」「他者への思いやり」や「命を大切にする」指導を行うとともに,人権感覚を育て,決まりやマナーを遵守する教育を推進する。

  ②資料・教材等を工夫し,「道徳の時間」の指導が充実するように努める。

  ③充実した生徒活動の展開を通して,成就感・感動体験を持たせるとともに,自治的な能力を高める。

  ④豊かな体験学習を通して,自ら課題を見つけ,自ら学び,主体的に判断し,よりよく問題を解決する資質や能力を育て,自己の生き方について自覚を深める生徒を育成する。

(4)生徒指導

  ①教師と生徒の信頼関係を基軸に,基本的な生活習慣が身につくよう,場面をとらえて積極的に指導する。

  ②教育相談活動の充実に努め,カウンセリングマインドによる積極的な生徒指導に心がけ,生徒の学校生活への適応を支援する。

  ③職員相互の共通理解を深め,生徒指導の校内体制を確立し,家庭,地域,関係諸機関との連携を促進する。

 

(5)進路指導

  ①進路指導を生徒一人一人の「生き方」の指導ととらえ,全教育活動を通して自らの進路を主体的に考え,選択する能力を育成する。

  ②生徒・保護者の考えや希望を受けとめ,その実現の筋道を真摯に話し合い自らを見つめさせ,特性をいっそう磨き自己実現がはかれるよう支援する。

(6)健康・体力・安全

  ①健康・体力の向上は保健体育の授業のみならず教育活動全体を通じて達成を図る。

  ②事故・不審者に対して,回避する能力や判断力を身につけ,自分の健康や自分の命は,自分で守ろうとする意識の高揚を図る。

  ③安全な学校環境の保持に日々努めるとともに,災害時の対処法は専門的見地からの指導を取り入れ,その徹底を図る。

(7)学校人権教育

  ①全教育活動をとおして,人権尊重の精神を育てる。

  ②道徳教育との関連を図り,実践的な福祉教育を推進する。

(8)特別支援教育

  ①LDADHD,高機能自閉症などさまざまな障害について理解し,生徒個々に応じた支援の充実を図る。

  ②特別な教育的支援が必要な生徒の保護者との連携(合理的配慮の内容の検討・評価・修正)に努める。

  ③学校間交流,学級間交流の促進と個性や隠れた能力の開発に努め,個に応じたよりよい進路選択の道を促す。

(9)研 修

  ①「わかる授業」の実現のために,各教科・領域指導部の授業研究を中心とした研修活動の充実を図り,組織としての実践的力量を高める。

  ②生徒の学校生活への適応を支援するため,教育相談や事例研究など生徒理解のための研修の充実に努める。

(10)福祉教育

  ①福祉と教育が連携し「つのる」「つくる」「ふれあう」「てつだう」「ひろめる」

「まなぶ」を中心に福祉教育を推進する。