経営の重点と具体策
 

(1)児童が楽しい学校生活を送れるよう,安全管理,安全指導の充実を図ると
   ともに,好ましい人間関係の樹立に努める。

   【具体策】
   ■集団登下校の励行
   ■交通安全指導の実施
    ・校外指導(PTAの協力)
    ・学級活動での安全指導
    ・交通安全教室の開催
   ■安全に配慮した授業
    ・危険な教具の取り扱いについての周知と徹底
    ・遊具の使用方法の確認
   ■不審者対応
    ・不審者対応マニュアルの確認
    ・こども110番の家の確認
    ・下校時刻の徹底
    ・下校時の巡回パトロールの実施
    ・不審者情報の収集と保護者への連絡等の対応
    ・安全マップづくり
   ■防災訓練の実施(不審者,地震,火災,引渡し)
   ■学校生活不適応への対応
    ・教育相談活動の充実(相談窓口の周知)
    ・豊かな人間関係づくりプログラム(ピア・サポート)授業の推進
   ■特別に支援の必要な児童の個別指導計画,個別教育支援計画の作成と実施
   ■保健管理の充実
    ・適切な健康観察や健康管理の実施(環境衛生活動の推進)


 

(2) 実践的な研修を推進し,学ぶ楽しさやわかる喜びを感じさせる授業を展開し,
   確かな学力の定着を図る。

   【具体策】
   ■教職員の指導力の向上
    ・授業実践をとおした研修の実施
    ・ICTの活用
   ■「学習の約束」の作成と実践
   ■基礎的・基本的な知識・技能の徹底を図る指導(読み・書き・計算)
    ・ドリル指導や補習の実施
    ・板書の工夫及びノート指導の充実
    ・家庭学習を含めた学習習慣の確立(学年×10分+α)
   ■思考力・表現力の伸長を図る指導の充実
    ・学習活動の工夫と指導過程の改善(言語活動の充実)
    ・学習課題,到達目標の明確化
    ・個に応じたきめ細かな指導の推進
    ・異学年による合同及び交流授業の実施
   ■個人カルテの作成
    ・学力学習状況調査及び学力検査の分析と活用


(3) 道徳教育やキャリア教育の充実を図り,「命の大切さ」「思いやり」,
  「規範意識の向上」など,豊かな心を育成する。

   【具体策】
   ■道徳教育の充実
    ・全教育活動を通しての道徳的心情の育成
    ・道徳の授業時数の確保
    ・道徳の授業公開
   ■ボランティア活動の推進
    ・「気づき,考え,行動する」自主的な活動の支援
    ・地区トレーニングセンターへの参加
    ・校外学習や宿泊体験学習での実践的な経験の日常化を図る
   ■体験的な活動の充実
    ・異学年交流活動の推進
    ・キャリア教育の推進(ゆめ・仕事ぴったり体験)
    ・米や野菜などの栽培学習の充実
    ・本物体験の重視(学芸的行事,音楽発表会)
   ■読書活動の充実
    ・朝の読書タイム



(4)成長の過程に応じた健康相談,スポーツ指導を実施し,
   健康への関心を高めるとともに,体力の向上を図る。

   【具体策】
   ■自己の健康への関心
    ・成長の記録の作成
    ・毎日の健康観察(検温等の実施)
    ・健康相談の実施
   ■体力の向上
    ・教科体育及び教科外体育の充実と推進(運動に親しむ資質能力の育成,
     特設部活動及び遊具活用による体育の実施)
    ・運動能力テストの分析と活用
    ・校庭遊具「豊岡サーキット」の活用
   ■食育の推進



(5)開かれた学校づくりを推進する。

   【具体策】
   ■学校評価の実施
    ・児童,保護者,教職員アンケート,学校ミニ集会の実施及び
     学校評議員の活用
   ■保護者・地域への情報発信
    ・学校だより,学年だより,保健だより等の発行
    ・紙面,ホームページでの学校評価の公表
   ■教育活動の公開
    ・月1回程度の授業や学校行事を含む学校公開日の設定
    ・学校行事の公開
   ■地域の人材活用
   ■地域行事・社会教育行事への参加
   ■体育施設等の開放