沿革

昭和22年度~昭和49年度

昭和
22年  5月10日 松尾中学校,豊岡中学校,太平中学校設立 
昭和
33年  9月  1日 松尾・豊岡・大平の3中学校を統合して松尾町立松尾中学校となる。
 同日,本校を旧松尾中学校に置き,豊岡校舎,大平校舎を設ける。
 初代校長に旧松尾中学校長 高橋啓三郎氏就任。
 旧豊岡・大平中学校長各校主任となる。
昭和
33年10月  1日 校地を松尾町松尾112番地に定め,新校舎鉄筋4階建円形校舎新築に着工
 (工費1,888万2千円) 
昭和
34年  6月10日 新校舎竣工。自転車置場,校門,国旗掲揚台設置 
昭和
34年  6月17日 竣工式及び開校式挙行。校歌・校章・校旗制定
昭和
34年  6月18日 全校生徒760名入校。実質統合に入る。
 学級数16,職員数30名(校長1,教諭28,事務1)
昭和
35年10月18日 県PTA連協主催の本校PTA研究会開催
昭和
36年  3月20日 別館管理校舎落成(工費700万円)
 (管理室2,資料室1,特別教室2,宿直室,用務室)
昭和
36年  7月  1日 2代校長 土屋武一氏 日源中学校から着任
昭和
37年  5月  8日 第2回校舎周辺の植樹実施。自転車置場35坪増設
昭和
38年12月  1日 プール建設工事始まる(工費500万円)。25m公認プール還流式
昭和
39年  6月25日 プール竣工及び水泳講習会開催 
昭和
40年  8月11日 技術教室新築に着工
昭和
40年10月18日  技術室完成(工費150万円)
昭和
41年  4月  1日 3代校長 土屋庄一氏 松尾町立松尾小学校から着任 
昭和
42年11月  6日 自転車置場増設(78万9千円)
昭和
43年  4月  1日 4代校長 社義則氏 芝山町立芝山中学校から着任 
昭和
43年  6月  9日 山武郡市中学校春季野球大会において優勝
昭和
43年  7月25日  山武郡市中学校総合体育大会において,剣道・卓球男子団体優勝
昭和
45年  6月12日  給食配膳室設備完了(工費15万円)
昭和
45年11月11日 創立10周年記念式典(記念講演会 東京交響楽団)
昭和
46年  2月  9日 山武郡市中学校総合体育大会において総合優勝
昭和
47年  5月23日 校庭南側土手工事終了(工費約500万円)
昭和
48年  7月12日 運動部部室工事(工費96万円)
昭和
48年11月13日 教育功労賞の学校表彰を県教育委員会から受賞する
昭和
49年  3月30日 体育倉庫新築完了(工費39万円) 
昭和
49年  4月27日 岩石園工事完了(工費100万円) 猿尾出身 古谷氏寄贈 
昭和
49年  9月  1日 学校無人化(日宿直廃止)実施。町教育委員会から文書を持って指示あり