経営の具体的方針

経営の具体的方針

  1 生徒主体の学校経営

     (1) 生徒一人一人が,将来への夢や希望を持ち,知識基盤社会の時代を生きる力を育む学校。
     (2) 生徒第一主義の立場に立ち,仝教育活動を通して生徒主体の特色ある教育が展開できるよう職員間の
            共通理解・共通実践を通して組織的にその実硯に努める。
     (3) 権利と義務,特に自由に対する責任ある言動のとれる自己を確立するとともに,教育活動全体を通じて
            基本的人権を尊重する態度を育む。
     (4) 教師と生徒,生徒同士が豊かな人間関係を育み,心の居場所となる学年・学級経営に努める。
     (5) 学校と地域の連携を深め,その教育力を積極的に活用しあう開かれた学校づくりに努めるとともに内部
            評価・学校関係者評価を実施し,学校経営の改善に生かす。

  2 学習指導の充実

     (1) 基礎的・基本的な内容の確実な定着を図り,課題を解決するために必要な思考力,判断力,表現力そ
            の他の能力を育み,主体的に学習に取り組む態度を養う。
     (2) 体験的な学習や問題解決的な学習を重視し,個に応じた指導法の改善に努める。
     (3) 指導と評価の一体化の観点から,指導の改善に役立つ評価のあり方を工夫し充実させる。
     (4) 調和のとれた教育課程実施の観点から,授業時数確保のため補充・交換授業を積極的に進める。

  3 道徳教育の充実

     (1) 道徳教育推進教師を中心として,道徳の時間の確保,学年毎の指導内容の重点化など,指導体制の
            充実を図る。
     (2) 奉仕・自然体験など豊かな体験活動を重視し,仝教育活動を通して道徳性の育成を図る。
     (3) 生徒の実態から,特に命を大切にする心,他を思いやり共生する心,規範意識や正義感の育成の指導
           を重視し,たくましくゆたかな人間性を育む。

  4 特別活動・進路指導の充実

     (1) 特別活動の各内容や特質をふまえ,生徒を前面に出した自発的・自治的な活動を重視し,自主的・実践
            的な態度を育てる。
     (2) 進路指導について3年間を見通し,生徒が主体的に進路を選択できるよう将来の夢や希望を重視した
            生き方指導の充実を図る。
     (3) 啓発的な体験学習を核とした,計画的・継続的な進路指導の充実を図る。
     (4) 生徒との望ましい人間関係を深め,受容的・共感的な進路指導の充実を図る。


  5 生徒指導の充実

     (1) 共通理解,共通実践に基づいた生徒指導体制を確立する。
     (2) 生徒指導の機能を生かした教育を充実させ,生徒個々の自己実現を図り,自尊感情を育てる。
           (生徒指導の機能=共感的人間関係,自己存在感,自己決定)
     (3) 教育相談の機能を高め,発達に即した生徒理解を深めるとともに,相談活動を充実させる。
     (4) 長欠・いじめは,どの生徒・どの学級にも起こり得るものと認識し,生徒のサインを見落とさず,初期対応
            を的確に行うとともに,予防的指導を充実させ解消を図る。

  6 キャリア教育の充実

     (1) 職業体験学習等を通して,働くことの意味と楽しさがわかる教育を推進する。
     (2) 教育課程への位置付けとその工夫を図る。
     (3) 進路指導の一層の充実を図る。

  7 特別支援教育の充実

     (1) 学校全体で取り組むとともに,関係機関と連携した総合的な支援体制を整備する。
     (2) 特別支援学級と通常の学級との緊密な連携を図る。