学校情報

山武市立日向小学校
〒289-1213
千葉県山武市雨坪10番地
TEL:0475-88-0504
FAX:0475-88-3272
 

学校情報化優良校認定ロゴ

学校情報化優良校
 

QRコード

  携帯電話からもご覧になれます。
  携帯のバーコードリーダー機能で
  読み取ってご覧ください。
山武市立日向小学校 
 

カウンタ

COUNTER34252
いじめ防止基本方針
 

いじめ防止基本方針

※クリックするとPDFで開きます。
H29日向小学校いじめ基本方針改訂9月.pdf

          日向小学校いじめ防止基本方針
                       平成29年9月 
                              山武市立日向小学校
  ◆いじめの定義◆
                                                                                  
│第2条 この法律において,「いじめ」とは,児童等に対して,当該児童等が在籍する   │
│学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物 │
│理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって,当 │
│該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。                   │
│2 この法律において「学校」とは,学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に   │
│規定する小学校,中学校,高等学校,中等教育学校及び特別支援学校(幼稚部を除く。) │
│をいう。                                                                         │
│3 この法律において「児童等」とは,学校に在籍する児童又は生徒をいう。           │
│4 この法律において「保護者」とは,親権を行う者(親権を行う者のないときは,未   │
│成年後見人)をいう。           (『いじめ防止対策推進法』より)                  │
 ※けんかやふざけ合いであっても,見えない所で被害が発生している場合があるので,
   背景にある事情の調査等,留意して対処する。

◆基本方針の理念                                                 
 将来の夢や希望の実現に向け,一日一日を安心して,学習や諸活動に取り組める学校・社会作りに向け,
   日々の不安や希望を打ち砕く「いじめ」の未然防止と防止対策および早期解消を策定する。
 
◆基本姿勢◆  (◇防止 ◎発見 ○発生   □事後)
                                                                              
│ ◇日常活動の充実を図り,全職員により計画的に実施する。                      │
│ ◎いじめは,どこの学校でも,どの子どもでも起こる。                     │
│ ◎早期発見・早期対応が取り組みのカギとなる。                                │
│ ○いじめは絶対許されない行為である。                                   │
│ ○いじめを受けている児童を必ず守る。                                        │
│  (いじめを受けている児童の立場になって指導・援助する)                    │
│ □いじめを受けている児童の日常生活・学習評価等の対応は随時検討する。        │
                                                          
◆学校組織◆                                              
(1)名称 いじめ防止対策委員会(生徒指導委員会と兼ねる)    
(2)構成  校長・教頭・教務・生徒指導主任・教育相談担当・        
      学級担任・養護教諭・該当児童関係職員等        
(3)役割 いじめ防止及びいじめ対策を行う。                
                                                          
◆具体的な取組◆                                          
ア)日常的な業務について(いじめ未然防止につながる)      
  ①わかる授業の実践(どのような授業をするのか)          
  ・授業規律を定着化させる。(発表の仕方・話の聞き方の定着)                 
  ・1時間の授業の流れを確立させる。(学習課題の明確化・導入・展開・まとめ)
  ・児童の発言・発表の場を保障する。(児童の学び・人権保障)                 
  ・主体的なとりくみを育てる。(児童が発表しやすいように教材や発問を工夫する) 
  ・ノートを取る目的やまとめ方について指導する。(学習記録・思考過程)    
 ②児童の活動の充実 *良好な人間関係づくりのために   
  ・計画的な学級会活動(望ましい集団づくりをめざして)  
   4月7月9月12月1月3月                           
  ・班・グループ活動の充実を図る。(班会議・日直・当番活動・清掃等)
  ・学級組織活動の活性化を図る(教科係等一人一役)
  ・委員会・係活動の活性化を図る(委員会一人一役)                
  ・児童主体の集会を実施する。(プール開き,フェスティバル,六年生を送る会)
  ・行事内容や運営方法の改善を図る。(児童の活動を前面に出す)
 ③教職員の不適切な発言や体罰がいじめを助長することの理解・徹底を図る。 (人権教育の研修)

 ④道徳教育の充実           
  ・全校朝会の講話に道徳的価値を持たせる。(思いやり,礼儀,生命の尊重等)
  ・公開授業を実施する。(オープンスクールで全学級展開)      
   ・インターネット等情報モラルの指導をする。                    
                                                          
 ⑤人権教育の実践                                        
  ・標語・作文等の応募に参加する。
  ・「いのちを大切にするキャンペーン」の実施-学校全体で,人権などの標語を作成
  ・福祉活動を充実させる。(日向の里訪問,高齢者体験,車椅子体験等)        
  ・人権教室を開催する。(9月)    
                                                          
 ⑥情報共有                                              
  ・毎週の打合せで情報の共有化を図る。                      
  ・いじめ防止対策委員会(生徒指導委員会)の定例化を図る。           
  ・PTA役員会での情報交換を行う。                              
  ・学校だよりで日頃の子どもの様子や状況を紹介する。
  ・学校評価でいじめ防止のための取組状況を評価項目に位置づけて実施する。
  ・校内研修において,学校いじめ防止基本方針についての共通理解を深める。

  ⑦教育相談機能を生かした取り組み
  ・教育相談を実施する。(6月・11月・2月)
  ・エンカウンター等を導入した学級づくりを行う。
  ・児童を「認め」「話を聴き」「ほめる」ことの指導体制を確立する。

 ⑧様々な交流
  ・こども見守り隊の活動に謝意を表す。(対面式)
  ・こども110番の家の協力を得る。
  ・読み聞かせ(お話ワールド)やひなたっこ広場をとおして地域の方との交流を図る。
  ・幼稚園や中学校との交流を図る。(運動会や中学校の見学等)
  ・社会福祉協議会等の外部機関と連携を図る。(昔の遊びなど)
  ・PTAと協力体制を強める。(交通当番,奉仕作業,フェスティバル,マラソン大会での豚汁提供等)
                                                          
イ)いじめ対策組織について                                
 ①いじめ防止対策委員会を設置する。(生徒指導委員会で兼務)             
                                                          
 ②いじめ防止対策委員会の役割                                      
  ・情報の共有化を図る。(定例は毎月第4火曜日に実施)              
  ・職員による観察・指導方法について話し合うとともに,情報交換を図る。  
   (授業中や休み時間の様子についての情報交換)     
  ・児童会活動への支援・指導を行う。                        
  ・活動内容の検討や報告を丁寧に行える環境を作る。        
  ・委員会活動を活性化させる手立てを考える。                      
                                                       
ウ)いじめ未然防止について                                
  ア)の項目に準ずる                                    
                                                          
エ)いじめの早期発見について                              
  ・一日の様子の変化を朝の会・昼休み・帰りの会のサイクルで観察し記録をとる。    
   ・定期的なアンケートを実施する。(6月・11月・2月)          
  ・教育相談を実施する。(6月・11月・2月)          
  ・心の相談箱を設置する。(常時)                            
  ・相談窓口について学校だより等で周知する。(年度初め)                     
  ・保護者との連携を図る。(学年だよりでの発信及び個別対応)      
    ・心の教室相談員との連絡を取り合う。  
   担当:教頭等
                                                                              
オ)いじめの相談・通報について
  ・心の相談箱を設置する。(相談室前)                            
  ・校内相談窓口を掲示して周知する。(職員室入口)          
  ・市開設の相談メールについて学校だよりなどで周知する。        
  ・校外での事案についての相談窓口を周知する。(教頭・教務等)      
  ・児童会の「いじめゼロ宣言」により,相談・通報は適切な行為であることを指導する。                                                          

カ)いじめを認知した場合の対応について                    
  ①対策委員会を直ちに開催し,以下の内容を協議・整理する。
      ・事実確認 (役割担当を明確にし,正確な記録をとる。)
    ・被害児童対応 (守るという安心感を与える対応をする。)    
   ・加害児童対応 (被害児童に圧力をかけさせない。)    
   ・周辺児童への指導(いじめとは何か人権について考えさせる。)
   ・全児童への指導 (いじめとは何か人権について考えさせる。)
   ・被害保護者・加害保護者・全体保護者への説明と対応(事実を正確に伝える。)
   ・教育委員会への報告・相談(事実を正確に伝える。)
   ・関係機関への相談
                                                             
  ②心のケア                                            
   ・心の教室相談員との連絡調整を担当者(教頭)が行う。        
                                                          
  ③関係機関との連携                                    
   ・市教委,警察への対応は校長・教頭が行う。                
                                                          
キ)情報提供
  ①職員の情報共有化(いじめ防止対策委員会で緊急職員会議を開催し情報の共有を図る。)      
                                                          
  ②調査結果について被害児童及び保護者への説明            
   原則校長が行う。学級担任・教務・教頭・校長の4者で対応する。  
                                                          
  ③一般生徒・保護者への説明                              
   原則校長が行う。生徒指導主任・学級担任等で対応する。        
                                                          
  ④教育委員会への報告・説明                                
   校長が行う。
                                          
  ⑤マスコミ対応                                          
   教育委員会との連携のもと,窓口は教頭とし対応は校長が行う。         
                                                        
ク)指導                                                  
  ①被害児童のケア                                        
   ◎指導事項:基本姿勢に基づく                          
    ・誰が(学級担任等)                              
    ・どのように(直接会うことを大原則とする。)          
    ・留意事項(基本姿勢に基づき保護者の了承を得る。)    
                                                       
  ②加害児童への指導                                      
   ◎指導事項:基本姿勢に基づく                          
    ・誰が(学級担任等)クラス内の際は,所属職員等で指導する。    
    ・どのように(直接会うことを大原則とする。)          
    ・留意事項(二次被害を防止する。)          
                                                              
  ③傍観者への指導                                        
    ・指導方法     学級・全校集会での説明者は同一人物とする。      
    ・保護者への周知  学校だより等で周知する。
                  臨時保護者会を開催する。              
    ・留意事項     個人情報の扱いに留意する。        
              学校の方針を明確に説明する。    

  ④いじめ解消の定義                                        
    ・いじめに係る行為が止んでいること。
     (少なくとも3ヶ月を目安とする)
    ・被害者が心身等の苦痛を感じていないこと。
     (本人及び保護者に面談等で確認する)

ケ)重大事態への対処                                      
 ①重大事態とは                                          
  ◎「生命,心身又は財産に重大な被害が生じた疑い」        
   (児童が自殺を企図した場合等)                  
   ◎「相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑い」
   (年間30日を目安とする。一定期間連続して欠席しているような場合などは,迅速に調査に着手)                    
  ◎「児童や保護者からいじめられて重大事態に至ったという申し立てがあったとき」

 ②重大事態発生時の連絡体系                              
  発見者→担任→生徒指導主任→教頭→校長
  校長→市教委→市長                                      
        →東上総教育事務所→県教委                  

 ③重大事態発生時の初動                                  
  ・いじめ防止対策委員会組織の招集(委員・他)                    
  ・教育委員会への報告(校長・教頭)                    
  ・教育委員会との連携(校長・教頭)                    
  ・調査方法◎(被害者本人:聞き取りを複数職員で行う。)  
       △(被害保護者:聞き取りを複数職員で行う。)  
       ◎(加害者本人:聞き取りを複数職員で行う。)  
       △(加害保護者:聞き取りを複数職員で行う。)  
                                        (◎は必須 △は状況に応じて)
  ・警察への通報(市教委・校長・教頭)                  
  ・関係機関との連携(市教委・校長・教頭)              
  *調査にあたっては,調査組織の決定を含め教育委員会と相談をする。           
                                                          
コ)いじめ防止対策委員会の取り組みについて公表・点検・評価する。    
 ①ホームページ等で「いじめ防止基本方針」を示す。        
 ②毎学期調査を行い,結果をもとに面談等を実施し対応に生かす。
 ③学校評価の項目に入れる。                              
 ④学校評議員会で報告・説明をする。                      
 ⑤PTA総会等で年度結果と対応を報告・説明をする。        
 ⑥いじめ防止対策委員会は,毎年度2月に基本方針の見直しをする。