山武市立松尾小学校
 
教育目標
 
    
教育目標
  

夢と希望をもち、自分の目標に向かって生き生きと活動する児童の育成
(1)めざす児童像 自分で考え行動する児童
   ☆(やさしく) 明るく思いやりのあるやさしい児童
   ☆(かしこく) 自らから考え表現するかしこい児童
   ☆(たくましく)よく遊びよく学ぶたくましい児童
(2)めざす学校像 地域とともに歩む開かれた学校
   ☆地域と積極的に連携し、創意を生かし前進する学校
   ☆子どもが生き生きと学習する学校
   ☆いじめのない笑顔いっぱいの学校
(3)めざす教師像 学びの志をもった教師
   ☆一人一人の子どもを理解し、個性や能力を生かした集団作りのできるプロの
    教師
   ☆学校経営の視点をもって活動する教師
   ☆豊かな社会性をもち、明るい態度で人に接する健康でさわやかな教師
 
      
 
学校目標
      
学校が安心・安全な所であるように
◇誰もが「学校にきてよかった。この学校に通わせてよかった。」と思える「居場所・学び」を保障する。
◇子どもの学校内外での「安全」を確保する。

(1)新たな松尾小学校としての教員・学校文化の創造
 
◇挑戦する学校…トライ&エラー。挑戦と失敗から学ぶ。
 ◇チーム松尾小学校…一致団結。積極的な交流とコミュニケーション、互いを尊敬し合う。
 ◇相談しあえる職員室…笑いの絶えない、弱音のはける雰囲気をつくる。
 ◇指導力の向上を目指す教員集団…子どもに学ぶ姿を見せられる教員をめざす。
 ◇オーナーシップの発揮…一人一人が学校経営の視点をもって、校務に取り組む。
 ◇働き方改革…勤務時間の適正化、健康管理に努める。

(2)学力定着のための日常の学習指導の工夫・改善

 ◇「わかる授業(自ら思考し、判断し、表現する授業)」の展開…学習課題の焦点化、学習
  学内容の視覚化、共有化・学び方の指導・授業改善のための研修を実施する。
 ◇落ち着いた学習環境の整備…ユニバーサルデザインの視点を取り入れた学習規律・学
  習習慣、教室・校内環境の共通化・整備。

 ◇基礎学力の定着…少人数指導・ティームティーチング、家庭との連携による家庭学習の習慣化「10分×学年」)をめざす。

 ◇読書指導の充実…読み聞かせや推薦図書等による自主的な読書の奨励をする。

 ◇興味関心を高める授業の実践…ICT機器の活用及びノート指導の充実を行う。

(3)健康や安全の充実・体力の向上
 ◇教科体育の充実と組織的な教科外体育の実施…運動や健康に必要な知識及び技能の習得を図りながら、学びに必要な指導方法について工夫する。
 ◇安全教育の推進…地域安全マップを活用した交通安全・不審者対策を行う。
 ◇健康教育の推進…早寝・早起き・朝ごはんの推進、うがい・手洗い・換気の習慣化を図る。
(4)生徒指導の充実

 ◇生徒指導の機能を生かした授業の展開…誰もが認められ安心して発言のできる授業と学級環境を作る。丁寧な児童の見取りを行う。

 ◇いじめの防止…未然防止・早期発見・早期対応による「いじめゼロ」をめざす。
 ◇児童理解と教育相談機能の充実…保護者や市域と協力・連携して不登校・長欠気味の児童や気になる児童へ適切に対応し、全校での「欠席ゼロ」の日を増やす。

(5)コミュニティスクールの推進 

 ◇地域に開かれた学校づくり…地域人材を活用した学校運営(生活科・総合的な学習等)と積極的な広報活動の展開(学校だより,学年だより,保健室だより,学校ホームページ)をする。

(6)資質能力の向上を目指した研修の実施

 ◇新学習指導要領の理解…社会に開かれた教育課程。教科横断的なカリキュラムマネジメント。「主体的・対話的で深い学び」の視点に立った授業改善をする。

 ◇ICT教育の充実…プログラミング教育の実践。ICTリテラシーの充実を行う。

 ◇授業実践力の向上…若年層教員の指導力の向上をめざす。

 ◇松尾小学校の課題解決に向けての研修の実施…学力定着、生徒指導、学習指導、発達支援等を行う。

(6)学校事務の効率化を図り、児童と向き合う時間の確保に努める。

 ◇情報機器の活用、業務のスリム化、会議の工夫、指導資料の整理等を行う。