教育目標

学校教育目標
ふるさとを愛し,明るく元気に,
生き生きと取り組む児童の育成


      めざす児童像
      ・すすんで学ぶ子  ・思いやりのある子
      ・たくましい子   ・地域を大切にする子
                  

学校経営方針
  • 「信頼」を経営の根幹とし,教職員全員で児童一人一人を育てることを学校経営の基盤とする。
  • 授業の錬磨を目指し,言語活動の充実と,習得した基礎基本を活用して課題を解決するために必要な,自ら考える力,気付いた問題を主体的に解決する力,及び表現する力の育成に努める。
  • 教職員一人一人が学校経営に参画し,「チームとしての学校」を実現すべく,創意工夫ある教育活動に取り組む。また,児童の取組や達成状況について適切に評価を行い,充実・改善に努める。
  • 特別支援コーディネーターを中心とした校内委員会を機能させ,特別な支援を必要とする児童理解と,集団での所属感と存在感を味わわせる指導体制を推進する。
  • 地域の人的・物的教育資源を活かし, 地域に根ざした取組を推進する。