経営の重点

平成30年度 鳴浜小学校の教育(学校教育目標)    


 学校教育目標「よく遊び よく学ぶ」 
  
合言葉
ありがとうの心 うじ んきょう えがお

  優しさや思いやりは,いつの時代でも不易であり,いつの時代にも流行はある。「不易流行」を基調に「よく遊び よく学ぶ」を核として,次代を担う豊かな心とたくましく生きる力を高め,みんなと協調や協同しながら『しなやかな強さを持つ頼もしい鳴浜っ子』を志向する。

 

 

りがとうの心 うじ んきょう がお

 

  学校経営の基本

 1 健康で安全な教育環境づくりに努め,明るく元気な子ども「よく遊び よく学ぶ」を積極的に推進する。

 2 学校,家庭,地域の相互連携を図り,地域とともに歩む学校づくりを推進す   る。

 3 職員の英知と和を基本に,一人ひとりの子どもの「よさ」を絶えず見つめ,個を生かす教育実践と特別支援教育を推進する。

 4 職員相互に作り上げる信頼と和を礎に「不祥事根絶」「創意と英知」の発揮できる職場作りを推進する。

 

  ○めざす学校像      ○めざす子ども像    ○めざす職員

・明るく歌声のある学校   ・明るく元気な子ども   ・明るく健康な職員

・友だちたくさんの学校   ・読書好きな子ども    ・授業で勝負する職員

・清潔で美しい学校     ・清掃を頑張る子ども   ・研修に励む職員

・地域に愛される学校    ・歌や花を愛する子ども  ・創意創造の逞しい職員

 

 経営の重点

 (重点目標)

 1 各教科等の基礎・基本を身につけた児童の育成

 2 健康的な体力づくりができる児童の育成

 3 安全・安心な学校生活ができる児童の育成

 4 将来に向かってたくましく生き抜くことができる児童の育成

 

【 具体的目標 】

  学習指導

  ・調べ学習,観察・実験,レポート作成,話し合い,発表等の学習活動を充実させ,言語に対する興味関心を高め,思考力や判断力,表現力を育成する。

・体験的な学習や問題解決的な学習を重視するとともに,相互が学びあう活動の   充実を図る。

    ・指導目標を明確にした指導計画を作成し,目標に応じた授業構成,展開等を工夫(ICT教育機器の操作活用含む)する。

    ・評価に基づいた指導方法の工夫改善に努め,指導と評価の一体化を図る。

  ・全校チャレンジテストの活用による漢字・計算の定着とともに,「学年×10分+α」の家庭学習を奨励し,学習習慣の定着を図る。

    ・アクティブラーニング型の授業を通して,児童が主体的・協働的に学ぶとともに,コミュニケーション能力を高めていく。

・自分の考えをわかりやすく表現し,相手の考えを引き出す会話能力を高め,より高度なコミュニケーション能力を育むことを図る。

  読書活動

  ・学校図書館の活用を図り,読み聞かせや調べ学習などの読書活動を一層充実し,自ら進んで読書に親しむ意欲と態度を育成する。

 

  道徳教育

  ・道徳の時間を確保・充実し,教育活動全体を通じて,生きる力の基盤となる「豊かな心」を育む。

    ・「道徳の時間」の授業を積極的に公開し,家庭・地域の協力を得ながら児童の道徳的実践力の向上と日常化(実践)に努める。

   特別活動

  ・学級活動や児童会活動,学校行事などの集団活動を通じて,協力し合い,自ら進んでよりよい学校生活を築こうとする態度の育成を図る。

  ・集団生活を通じて規範意識を高め,集団の中で自己を生かす能力や行動力を育成する。

  総合的な学習の時間・国際教育

  ・地域の自然や歴史・文化を博物館的資料ととらえ,積極的な活用を図る。

  ・半月初等学校(韓国)との交流事業の充実を図る。

   特別支援教育

  ・特別支援教育コーディネーターや校内委員会を中心に,関係機関と連携した支援体制の整備の推進を図る。

    ・障害のある児童と障害のない児童との交流及び共同学習の積極的な推進を図る。

  生徒指導

  ・校内指導体制の確立,受容と共感に基づく生徒指導と教育相談の充実を図る。

・人権意識を高め,いじめを見逃さない学校づくりに努める。

・生徒指導に関する専門的知識,技能を活用し,学校生活の様々な場面で,児童生徒理解に基づいた   指導・支援を行う。

・教育相談的な対応を心がけ,個々の発達の段階に則した児童生徒理解に努め,信頼関係を築く。

・心身の発達に応じて,健康で安全な生活を実践する能力と態度を育成するための指導を行う。

・いじめや暴力行為,不登校等,個別の課題を抱える児童生徒に対して,組織的に対応し,実態に応じた適切な指導を行う。

・生徒指導の機能を重視した「わかる授業」の創造に努める。

  キャリア教育

  ・すべての教育活動を通じ,発達の段階に応じた社会的・職業的自立に向けて必要な基礎となる能力や態度の育成に努める。

    ・児童の自主的な活動,体験的な活動,勤労生産的な活動を積極的に推進するとともに,これらの活動を通して,自分の良さに気づきそれらをさらに伸ばそうとする意欲を育てる。(自尊感情の育成)

  体育・健康教育

  ・運動に親しむ資質や能力の育成と体力の向上に努める。

  ・自らの健康を適切に管理し,改善していく実践的能力を育成する。

10 食育

    ・家庭や地域社会と連携し,生涯にわたり望ましい食生活を実現しようとする態度を養い,健やかな体と豊かな心を持ち,食事を楽しむ児童の育成を図る。

11 安全・防災教育

    ・不審者対応等を想定した訓練を計画的に実施することにより,危険を予測・回避する能力と自他の命を大切にする心の育成に努める。

  ・自助・共助の考え方に基づく防災訓練を行うとともに,施設・設備の定期的な点検整備や学校が避難場所になった場合の運営方策等の検討を図る。