topic

topic

思春期教室

「赤ちゃんて重い!」

12月13日(月)に2年生を対象に、思春期教室が行われました。

了徳寺大学教授の大沢豊子先生、助教授の森田桂子先生、看護師の宮原奈津子先生においでいただいての授業でした。

4部構成の内容で、①男女の身体と心の変化 ②卵子と精子の出会いから誕生まで ③赤ちゃん抱っこ体験 ④性の実行決定力を高める

 

思春期を考える時に、性については避けては多れない内容ですが、身体の変化のことについて、絵(卵巣や子宮、精子を作る陰嚢など)や音(赤ちゃんの心臓音や産声)を使って、わかりやすく教えてくださいました。また、性感染症や望まない妊娠から自分を守るために性の自己決定力を高めることの大切さについてグループでの話し合いを行いました。

自分の命の大切さと周りの人の命の大切さについて考えることができた授業でした。

 

悩める14歳へのメッセージ

①自分や相手のことを正しく理解する

②相手を尊重して対等な関係を作る

③一人一人が大切な存在である

④妊娠、性感染症に責任を持つ

⑤人の心と身体を傷つけない

 

1年生歯磨き教室

12月10日(金)

1年生を対象に、歯磨き教室が行われました。

1学期の健康診断で市内の小中学生は虫歯が多いと歯科医の先生がおっしゃっていました。また、特に山武中は健診で虫歯が見つかった後の治療率が低いのが気になるところだともおっしゃっていました。

歯磨き教室は小学校でも行っています。鏡と歯ブラシをもってきていつものように歯を磨き、染め出しを行い、磨けていない個所を自分で発見します。中学生になると親に歯を磨いてもらうことはなくなるので、ますます、自分で正しく歯磨きをすることが大切になります。

 

今回の歯磨きについて学んだことを生かして、学校でも家庭でも生徒たちが日ごろのデンタルケアーを丁寧に行い、柔らかいものだけでなく硬いものもよく噛んで食べ、いろいろなものから栄養を取り、学習に向かう健康な脳と身体を作っていってほしいと思います。