topic

topic

学校をきれいに!1年生大活躍

9月24日(金)

 年間の予定では、先週の金曜日が1年生の親子美化作業の日になっていました。

 ところが、緊急事態宣言が解けなかったので残念ながら保護者の方に学校に来て手伝っていただくことができず、今回は中止となりました。しかし、1年生も学校美化活動に参加したいと、本日の6時間目に1年生全員で除草作業に取り組みました。

 夏の間にトラックにはびこってきた雑草は手ごわく、大汗をかきながら1時間一生懸命に草取りを行いました。1年生といえど、さすが中学生です。草をむしる人、集める人、草捨て場まで運ぶ人。それぞれ役割分担をしてテキパキと行動することができました。

 

 

自分たちの活動するところを自分たちの手できれいにして気持ちよく使えるようにする。これもまた、生徒の自立につながる活動です。

 

1年生のおかげでグラウンドがとてもきれいになりました。

 

朝の交通安全運動

 山武中学校はほとんどの生徒が自転車で登校してきます。そのため、朝の時間帯に生徒たちが自転車で学校に入ってくる裏門周辺は毎日大変混在しています。さらに、通勤時間帯とも重なり、八街方面、寺ケ台坂方面、消防署方面に行く車が多く通行します。

 そこで9月14日から17日までの間、生徒会本部役員と生活委員会から提案があり、生徒が中心になって「朝の交通安全運動」を行うことになりいました。

 

 役員の生徒や生活委員会の生徒が声をかけるなか、登校する生徒はもちろん、通行する自動車も生徒の登校を優先して止まってくれるなど、互いに安全に気を付けて通行することができました。

 危険なところやことについて理解し、安全にそれを回避するための能力を危機回避能力と言います。学校では行動範囲の広がる中学生だからこそ、自分たちで交通ルールやマナーなど安全について考える活動を今後も行い、生徒自身の危機回避能力の向上に努めたいと思います。地域の方にもご理解と御協力をお願いいたします。

 

オンライン授業の準備

9月6日(月)

先週の金曜日に学校で使っているGIGAパソコンを持ち帰り、家庭でのWi‐fiへの接続確認を行いました。それをうけて、今日はスカイメニューという学習支援ソフトを使っての課題の提示と提出の仕方の練習を行いました。

さすがデジタルネイティブの生徒たち。あっという間に使い方を理解して、課題をチェックし提出までできました。

  

  

明日は家庭へGIGAパソコンを再び持ち帰り、スカイメニューへの接続、課題の確認と提出を行います。

コロナウイルス感染拡大に対応するために進めているものではありますが、これから学校でもPCを使っての授業はもちろん、家庭での授業参加も可能になるように先生たちも研修を進めていきます。

実力テスト

9月3日(金)に、全学年で実力テストが行われました。

実力テストは定期テスト違って出題範囲も広く、現在の学習内容の理解と定着を自分で確認することができます。また、3年生は進路選択に向けての材料となります。

それぞれが現在の状況を把握して普段の学習に生かしてほしいと思います。

真剣に集中して取り組む3年生の様子

 

 

千葉県子どもと親のサポートセンターからお知らせ

千葉県子どもと親のサポートセンターは子どもと保護者と今できることを一緒に考える千葉県の教育機関です。

そのサポートセンターからお子さんのことにつて困っている保護者の方に向けての案内が来ました。御覧になってください。左下に子どもと親のサポートセンターのリンクを貼りました。

グリーンスクールの準備が始まりました

2年生は1学期予定だったグリーンスクールが延期となり9月28日(火)~30日(木)の予定となりました。

夏休みを挟んでの実施になります。それぞれの班で、山梨やペンション、登山について調べ新聞を作りました。

 

 

また、今週は各学級でキャンプの時に披露するスタンツの練習を始めました。新型コロナ感染拡大に負けないでみんなで行ってきたいと思います。

総合体育大会の結果(10日・11日)

卓球部(男子)
・団体戦予選リーグ 対増穂3-0 対東金北3-1 対松尾0-3 2次トーナメント 対東金東0-3 惜敗
・個人戦 4回戦惜敗 畑戸・鈴木・山田亮 3回戦惜敗 朝倉 2回戦惜敗 宮本・高松・小尾・野村・山田和

卓球部(女子)
・団体戦予選リーグ 対成東3-0勝利 対東金東1-3惜敗
・個人戦 ベスト8 小林 3回戦惜敗 宮下・沢下 2回戦惜敗 梨本・生野

柔道部
・団体戦 3位 ・個人戦各階級 優勝 森山・田中 準優勝 柳澤

野球部
・対東金西・成東・成東東合同 9対0勝利

サッカー部
・7/10(土)対成東東・九十九里合同 3対3 PK2-1勝利
・7/11(日)対東金中 5対0 勝利

ソフトテニス部(男)
・ベスト8 叶屋・船倉ペア
・ベスト32 渡邉・井藤ペア、山崎・塚川ペア

ソフトテニス部(女)※ベスト4の2ペアは県大会出場
・ベスト4 小倉・市川ペア、江口・高橋ペア
・2回戦惜敗 堀江・遠山ペア、金原・三橋ペア

海は危ない

千葉県商工労働部観光企画課より連絡がありました。

今年は昨年度と同様に新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、一部の海水浴場(九十九里海岸は全海水浴場)が開設されないことが決まりました。ライフセーバーのいない海での遊泳は大変危険です。開設していない海水浴場での遊泳は絶対にやめましょう。

 

部活動壮行会

7月9日(金)

7月10日(土)から始まる総合体育大会と各種コンクールに向けて壮行会を行いました。

ぜひ、オンラインではなくみんなの前で自分たちの決意を語りたいという生徒たちの思いを受けて、今年はグラウンドで行うことになりました。壮行会では各部活動の最後の大会やコンクールにかける意気込みが表明されました。

 

さあ、いよいよ、土曜日からの総合体育大会を皮切りに、3年生の最後の夏が始まります。

2年越しのフリー参観

7月2日(金)に1年ぶりにフリー参観を行いました。

昨年度は新型コロナウイルス感染拡大を予防するために、フリー参観は控えてきましたが、今年は、ぜひ学校での生徒たちの活動を知っていただくために、どうすれば感染を防いで参観していただけるか考えて実施しました。

参観は3・4時間目とし、出席番号奇数の生徒の家庭は3時間目、偶数の生徒の家庭は4時間目、自分のお子さんの授業だけの参観とし、他の教室や他の階の参観遠慮いただくようにお願いしました。

  

今日は朝から雨が降り、あまり参観に来ていただけないかと思っていましたが、両回あわせて人の保護者の皆さんの参観がありました。本当にありがとうございました。

2年生の社会科の授業に市役所の人が!

7月2日(金)

2年生の社会科の授業で、山武市の消防防災課から外部講師としてお二人の方が来て、自然災害についてお話をしていただきました。

生徒達が身近で体験した災害として、一昨年の9月5日に上陸した台風15号、そのあと9月12日の台風19号に伴う大雨の被害があります。実際にこの二つの台風被害は、2年生の生徒達にも記憶に新しく、お話を聞いて自分の家の様子や当時の避難生活について思い出す生徒も多かったようです。また、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本での河川の氾濫など、日本列島を襲う災害の多さについて、そのメカニズムや恐ろしさについて学ぶことができました。

   

特に「自助・共助・公助」の考え方は中学生のうちから学ぶのは大変に意義があることだと感じました。中学生になるとできることが増えます。このような市役所という身近なところで防災について実際に苦労された方のお話を聞くことで、「中学生である自分たちができることは何かを考える」大変貴重な機会となりました。

 (写真が暗くてすみません)

山武市消防防災課の岩谷さん、土屋さんありがとうございました。

1学期期末テスト

6月24日(木)25日(金)に1学期の期末テストが行われました。

3年生は、今年度の成績(進路)にも関わる試験なので、普段以上に気合を入れて勉強してきたようです。また、1年生は初めての定期テスト言うこともあり、緊張しながら真剣に試験を受けている姿がありました。

  

2年生は普段の学習の成果がしっかりと発揮できるように、集中して試験に取り組んでいました。

  

普段だと8:10ぎりぎりにくる生徒も、期末テストの日は余裕をもって登校し準備していました。  

普段の学習、テスト勉強の成果が出せるように頑張る生徒達でした。

  

 

自転車の乗り方について

地域の方から、山武中学校の生徒の自転車の乗り方について、御注意をいただきました。

内容は、「自転車の乗り方がとても危ない生徒がいます。山武中学校の周りの狭い道路やランドローム付近の道路で横に広がって登下校している生徒や、急な坂道を自転車から降りずに、すごいスピードで降りてくる生徒がいます。それに学校の行き帰りでヘルメットをかぶらない生徒も時々見かけます。何かあってからでは遅いので学校に連絡しました」

大変ありがたいことです。生徒の安全を考えて連絡いただけるというのは、地域の方が山武中学校の生徒たちを見守ってくださっているということです。

早速、各学級で生徒たちには「命の大切さ」と「もし事故を起こした時に相手と自分、そして、それぞれの家族がどれだけ悲しんだりつらい思いをしたりするか」について話をしました。

今回のように、地域の中で生きる生徒たちについて、お気づきのことがありました。ぜひ学校まで御連絡ください。

タブレットPC設定完了

先週から行ってきた個人配付されたタブレットパソコンの設定が終わりました。いよいよ一人一台のタブレットPCを使っての学習がスタートします。

 

インターネットを使った調べもの学習だけではなく、友達と自分の考え方をシェアーしたり発表を一緒に行うなど共同学習でも活用し、パソコンが文房具のような学習ツールとして使えるように日常の中で使っていきたいと思います。

 

3年生SNS教室

5月27日(木)に3年生を対象にしたSNS教室を実施しました。

講師として千葉県警察本部から生活安全部少年課外房地区少年センターの上席少年補導専門員の方と、山武警察署の生活安全課の方が2名おいでになって講話を行っていただきました。

 

SNS(ソーシャルネットワークサービス)使い方の注意とその危険性、具体的な中学生が起こしたスマホをめぐるトラブルについて丁寧にお話をしてくださいました。特にSNSに載せた「自分の言葉に責任が持てるか」という言葉は生たちの心に残りました。生徒達はメモをとりながら真剣にお話を聞き、SNSの使い方について深く考えることができました。

今日の内容は6月2日~4日に「中学3年生を対象にしたネット安全教室」としてCATV296でも放送される予定です。

 

令和3年度体育祭

5月15日(土)

山武中学校の3回目の体育祭が行われました。

天候にも恵まれ、雨の心配もなく行われました。

先日の予行練習で失敗したことや気がついたことをもとに、生徒達はみんなが楽しむことができるように、実行委員会を中心に係のスタッフとして活動することができました。

それぞれの種目もコロナ対策に気を配りつつもより楽しんで盛り上がれるような内容でした。

 

 

1年生のLet's タマワシ(ボール運び)は、互いが手を触れないように棒やタオルを使ってのボール運びの競技でした。2年生のS&P(綱引き)は離れたところから走っていって感染予防のため位置をあらかじめ決めての綱引きでした。そして、3年生の季節外れの虫取り網(玉入れ)はなんと連続3年目の玉入れ競技で三年生の進化(真価)が問われた楽しい競技でした。競技を行っている生徒も見ている人達も思わず笑顔で応援したくなる内容でした。

今回は会場に来られるのは配付された一黄色のリボンを付けた家庭で一人と制限をすることになりましたが、PTAのみなさんの御協力で、大きな混乱もなく体育祭を運営することができました。ちなみに黄色のリボンは5月7日に地域学校活動本部の夘木さんと十川さんがきて作成してくださいました。また、7日におやじの会の小川さんと渡辺さんが3年生の親子美化作業を手伝ってくださいました。

保護者のみなさん地域の皆さん御協力本当にありがとうございました。

部活動保護者会

5月7日に部活動保護者会が行われました。初めに全体会を行い、そのあと、各部活動ごとの保護者会と部活動見学を行いました。

全体会にはたくさんの保護者の方が参加していただき、本校の現在の部活動の状況について説明し御理解をいただきました。

また、各部活動の見学では遅い時間まで熱心に活動の様子を見ていただくことができました。

昨年度からコロナウイルス感染予防のため、保護者の皆さんには大会や練習試合などを見ていただくことができなかったのですが、今回の保護者会ではたくさんの方に生徒の活動の様子を御覧いただく機会ができ良かったと思います。今度は普段の学校での生徒の様子を見ていただけるようにコロナ対策の環境整備をしていきたいと思います。

御参加、ありがとうございました。

生徒総会

 

5月7日(木)生徒総会が行われました。

当日はオンラインによる各学級への配信を行い、生徒会本部役員の生徒たちが会議室から活動方針、活動計画、予算案について、討議・評議会を通して話し合われた内容を報告しました。

 

 なかなか、体育館に全生徒が集まることが難しい中、本部役員の生徒たちが工夫をこらして行われた総会でした。今後は総会で決定した内容をもとに委員会活動や学級での活動を進めていきます。これらの生徒会活動を行うことで、生徒たちが「自治」や「自立」について学んでいってほしいと思います。

また、そのあとに、いじめゼロ宣言が行われ、こちらも生徒会役員のみんながわかりやすい演技を行い、生徒達に「いじめの加害者にならない。傍観者にもならない。」ことを強く伝えました。

 

 

3年親子美化作業

5月7日(金)

3学年の生徒と保護者による美化作業が行われました。天気が心配でしたが、たくさんの方に御参加いただき、曇り空の下、グラウンド周りが大変きれいになりました。来週の体育祭はきれいに環境の整った中で行うことができそうです。

  

御協力いただいた保護者のみなさん、おやじの会のみなさん、生徒のみなさん、本当にありがとうございました。

バスケットボール部女子 優勝

4月29日(木)に山武郡市バスケットボール春季大会の準決勝・決勝戦が行われました。

女子バスケットボール部は準決勝で東金中と対戦し68‐54で勝利し、決勝では大網中に55‐41で勝ち、秋季大会に続いてみごとに優勝することができました。また、6月に行われる予定の県大会に出場することになりました。

おめでとうございました。これからも練習を頑張ってください。

新たな防災情報(避難指示)の提供についてのお知らせ

 文部科学省より避難情報の表記について変更の周知依頼がありました。

 これまでの表記では、「勧告」と「指示」の違いが分かりづらい等の意見があったことから5月20日(木)より「新たな避難情報」を用いた防災情報の提供が開始されます。

 御家庭でも生徒と”もしもの時の避難の仕方”について話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う就学支援の特例措置について

山武市では、経済的な理由により、お子様を小中学校に就学させるのにお困りの方に対して、学用品の購入費や給食費等の援助を行っております(所得制限あり)。
 新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、特例措置を行います。

<審査における特例措置>
 通常、前年1年間の収入にて所得審査を行いますが、新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯については、直近の収入状況を踏まえた審査を行うことが可能です。

 詳しい申請方法などにつきましては、子ども教育課学事係 (Tel 0475-80-1442)へお問い合わせください。

※この特例措置は、令和4年3月31日までとします。

学校だより1号

遅れましたが学校だより第1号を掲載します。

今年度もよろしくお願います。なお、メニューの学校だよりにも保存してあります。

令和3年度入学式

4月9日(金)に山武中学校の入学式が行われました。

昨年度は緊急事態宣言中ということで新入生と保護者のみの入学式となりましたが、今年度は、在校生は式の会場には入れないものの、学級でのオンラインによって参加し、全員による入学式を行うことができました。

1年生は新たな制服に身を包み、緊張した面持ちで入学式に臨み大変清々しい入学式となりました。1年生代表として1年B組の丸山富誉さんが誓いの言葉を述べ、3年生の保坂陽和里さんが2・3年生生代表として歓迎の言葉を新入生に贈りました。

中学生として一歩を踏み出した生徒達を迎え329人での山武中学校が本日よりスタートです。

   

卒業証書授与式

 3月9日(火)

 本日、卒業証書授与式を行い、卒業生96名が山武中学校を巣立っていきました。今年はコロナウイルス感染の拡大防止のため、1,2年生は教室でオンラインによる参加となり、保護者も1名に限定しての開催となりました。

 

 

 

 証書授与のあと、校長式辞、教育委員会挨拶を行い、在校生代表の2年 蛭川心瞳さんが送辞、卒業生代表の江原遊心さんが答辞を述べました。また、式後に保護者挨拶で十川さんから教職員へのお礼の言葉をいただきました。

 1月から1都3県に発せられていた緊急事態宣言は2週間程度の延長となり、予定していた体育館での卒業生の合唱は実施しないことになりました。しかし、3年生からぜひ歌にこめて卒業の気持ちを伝えたいという強い希望があり、急遽グラウンドで、コロナ対策を施して合唱を行うことにしました。保護者は校舎の軒下で、在校生は卒業生を囲んで、3年生の歌う「群青」を聞くこととしました。

 3年生が全員で歌う練習をしたのは、卒業式前日の1時間程度。そぼ降る雨の中でした。しかし、当日、卒業生の気持ちが空に通じたのか、生徒たちが「群青」を歌い始めるとグラウンドには奇跡のように曇りの空からうっすらと春の日差しが降ってきました。そして、保護者、在校生、職員に祝福され見送られ、無事に卒業式をおえることができました。

 統合、台風による長期間の休校、コロナウイルス禍による休業。奈良・京都の修学旅行、各種大会の中止。公立高校の入試の変更。3年生はいろいろ大変なことに直面しながらも、みんなで支えあってその困難を乗り越えてきました。

 本日、無事に卒業式を迎えられのは、今までの地域、家庭のみなさんの御支援、御協力のおかげであると感謝いたしております。本当にありがとうございました。

 これからも卒業生および、山武中学校の生徒たちへの温かい支援をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

3年生送る会

 3月4日に「3年生送る会」が行われました。生徒会本部・評議員からなる実行委員会が企画を立てて準備をし、当日の運営を行いました。

   

 今年はコロナウイルス感染拡大を予防するため、全員が体育館に集まって発表を見たり鑑賞をしたりすることはできませんでした。その代わりに今までにない3年生を送る会を作るため生徒たちが知恵を絞って計画をしました。

  

 前半は各活動場所に分かれての3年生との交流レク、後半は教室での3年生の3年間を振り返るビデオ視聴となりました。レクはグラウンドでの「けいどろ」、体育館での「ドッヂボール」、「トランプ」「UNO」「イントロクイズ」そして「ボーリング」は各教室を使って行いました。

 

 「中学校で初めて下級生とけいどろをやった」とか、「ドッジボールで2年生にコテンパンにやられても楽しかったった」という3年生の声からは、1・2年生の生徒たちの頑張りが、十分3年生に伝わったことがうかがえました。

 

 在校生にとっては、3年生送る会を企画・計画・実行・反省を経験することで、企画力や自主性、実行力が育成され、これからの生徒たちの自立活動・自治活動の源となります。また、3年にとっては下級生や先生たちとお思い出を作る最後の機会となりました。

 今日は公立高校の入試結果の発表です。3年生の受検をした生徒たちは、昨日の励ましを胸に結果を見てきてください。

 

3年生学年レク大会

3月2日に午前中を使って、3年生が学年のレクを行いました。

生音たちが内容を考え、全員でのフルーツバスケットとクイズなどのゲームを行いました。

  

 

本当は天気が良ければ外でのレクとなるはずでしたが、体育館での実施となりました。

さすがは3年生です。司会・進行の生徒も段取りよく、みんながこの時間を楽しもうとする姿がよくうかがえました。 

不要不急の外出自粛の要請について

 千葉県新型コロナウイルス感染症対策本部から、千葉県の感染拡大や医療崩壊を止めるため、不要不急の外出自粛の要請を徹底する啓発活動への協力の依頼がありました。御家庭でも御協力ください。

      

市内小中学校の教育活動の継続について(山武市教育委員会)より

 1月15日に山武市教育委員会より以下の文書が出されました。

 山武市では感染症予防対策の強化を行って教育活動の継続を行うこととします。家庭・地域におかれましても御理解の上、御協力いただくようお願いいたします。

  

 

学年集会

12月22日の4時間目に各学年で1学期まとめの集会が行われました。

各学級代表が学年の生徒の前で今学期を振り返ってのお話しをしました。

3年生の様子

 

2年生の様子

 

1年生の様子

 

サッカー部 U12山武支部予選優勝

 12月19日(土)に第24回千葉県ユース(U12)サッカー選手権大会山武支部予選決勝が行われました。本校は東金東中と松尾中の3校による合同チームを結成し、東金・東金西中チームに勝利しました。

 1月9日(土)に県大会出場をかけて、第3ブロック予選に出場します。

ちばジュニア強化指定選手

 バスケットボール部女子2年生の6人が、令和2年度千葉県競技力向上推進本部のちばジュニア強化事業において、実績や将来性が高く評価され「ちばジュニア強化指定選手」として認定されました。おめでとうございます。
 池田 瑞季さん  伊藤 瑠里さん  宮島 彩乃さん  
 藤原 波美さん  廣瀬 優晏さん  青井 星空さん 岩﨑 由來さん

第65回子ども県展

 先日もお知らせしましたが、第65回子ども県展で、2年生の福崎 愛実さんが県中学校会長賞になりました。
 福崎さん以外にも3人が入賞しましたのでお知らせします。
 特選 1年生 松本 佑果子 さん 
 入選 2年生 保坂 陽和里 さん
    3年生 松本 那奈子 さん

 作品は千葉日報社 こども県展特設サイト で、令和2年12月11日(金)~令和3年3月末まで公開されています(予定)
 https://kenten.chibanippo.co.jp/

健歯代表者表彰

 山武郡市健歯児童生徒審査会は今年度、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりましたが、学校の代表者として賞状が贈呈されることになりました。
 3年生 松本 息吹さん  齊藤 真緒さん
 ふたりとも「永久歯にむし歯がない」「歯並びがよい」など学校歯科医の先生が歯の状態を総合的に見て選ばれました。

山武郡市ソフトテニス1年生大会の結果

12月5日(土)に山武郡市ソフトテニス1年生大会が行われました。
 女子:小倉・堀越ペア 3位(県大会出場)となりました。
 その他の選手も頑張りました。
今後の練習に積極的に取り組んでいきます。応援ありがとうございました。

県大会(柔道)の結果

千葉県新人柔道大会が12月5日(土)に個人戦、6日(日)に団体戦が行われました。その結果を報告します。
 個人戦 81㎏級 森山翔 1回戦惜敗
 団体戦 対成田西中 2-3で惜敗
春の大会は、県大会ベスト4を目指して頑張ります。
応援ありがとうございました。

ちばジュニア強化指定選手

 令和2年度千葉県競技力向上推進本部のちばジュニア強化事業において、実績や将来性が高く評価され、本校3年生の吉田真菜さんが「ちばジュニア強化指定選手」として認定されました。おめでとうございます。

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う就学援助費の特例措置について

 山武市では、経済的な理由により、お子様を小中学校へ就学させるのにお困りの方に対して、学用品の購入費や、給食費等の援助を行っています(所得制限あり)。
 通常、前年1年間の収入にて所得審査を行いますが、新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した世帯については、直近の収入状況を踏まえた審査を行うことが可能です。

 詳しい申請方法などにつきましては、学校教育課学事係(0475-80-1442)へお問い合わせください。  

 https://www.city.sammu.lg.jp/page/page003088.html

思春期教育講演会

12月4日に、本校体育館で思春期教育講演会が行われました。
 さんむ医療センターの加瀬由紀子助産師さんを講師としてお招きし「思春期の今考えておく大切なこと~夢をかなえるために~」という題でお話をしていただきました。

 「今、中学生にとって必要なのは、性についての正しい知識をもって正しい判断と行動がとれる力を養うことです。そして、そのためには、自分の体と心について知り、命の大切さに気付き、自分と他人を尊重できるようになることです。」と、優しくわかりやすく生徒たちに教えてくださいました。
 

 また、後半は、現在育児休業中の川口先生と中澤先生がお子さんを連れてきていただき、生徒たちのインタビューに答え、子育ての喜びと大変さ、命のつながりについてお話しいただきました。
 その他にも、赤ちゃん人形を抱っこしたり、妊婦体験をしたり、聴診器を使って自分や友達の心臓の拍動を感じたりしました。
 

 中学校2年生という、まさに、思春期の真っただ中にいる生徒たちに、命の尊さ考えさせる講演会となました。
 企画を立てていただいた 山武市役所成東保健福祉センターの藤原・鈴木保健師さんには大変お世話になりました。

千葉県青少年健全育成条例 改正

「千葉県青少年健全育成条例」は、青少年を健全に育成し、なおかつ有害な環境・行為から保護することを目的として制定されています。
 スマートフォンの急速な普及やインターネット利用の低年齢化に伴い、青少年が自分の裸体等をスマートフォン等で撮影させられた上、画像をメールやSNS等で送らされるいわゆる自画撮り被害が、全国的にも、千葉県においても、増加傾向にあります。
 自画撮り要求行為は、青少年の心身の未成熟に乗じて行われ、画像がインターネット上に流出してしまうと、完全に回収することは困難であり、将来にわたって青少年を苦しめる要因となるなど、青少年の健全育成に悪影響を及ぼすおそれがあることから、これを未然に防止する必要があります。
 青少年がSNSなどで知り合った相手から自身の裸の写真などを要求される「自画撮り被害」の未然防止のため、県青少年健全育成条例を改正しました。
第9条の4「児童ポルノ等の提供を求める行為の禁止」
だれでも青少年に対し、次の行為をしてはいけません。
1 青少年に拒まれたにもかかわらず、当該青少年に係る児童ポルノ等の提供を行うように求めること。
2 青少年を威迫し、欺き、若しくは困惑させ、又は青少年に対し対償を供与し、若しくはその供与の約束をする方法により、当該青少年に係る児童ポルノ等の提供を行うように求めること。
3 前各号に掲げるもののほか、当該青少年に係る児童ポルノ等の提供を行うように求めること。

(1,2に違反すると、30万円以下の罰金又は科料)

・相手側に拒まれたにもかかわらず、裸の画像などを送るように求めた
・相手から送られてきた裸の画像等をもとに、再度、裸の画像等を送るように強要した。


 高校生だけでなく、中学生や小学生、性別に関係なく、これらの行為によって大きな被害を受けている児童生徒がいます。
 被害者の受ける心的な苦痛は計り知れないもので、社会的な生活をすることさえできなく恐れがあります。
 学校でもこれらの条例に違反している疑いがあることを認知した場合には、警察と速やかに連携を図り対応していきます。
 各家庭でも生徒の携帯電話・スマートフォンの管理に御注意ください。

「自我撮り被害の防止に向けて」についてのリーフレット
https://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/kenzenikusei/documents/jigadori-chirashi.pdf
 


県大会報告(バスケットボール部女子)

バスケットボール部(女子)
11月8日、14日、15日と第51回千葉県新人中学校バスケットボール大会が富津市において行われました。
8日(土)は市原市立ちはら台西中学校に64‐43で勝利、14日(土)は野田市立第1中学校と対戦し59‐50で勝利しました。
連日の試合となる15日(日)は、県内でも常に上位に入る昭和学院中学校との対戦となりました。残念ながら29‐85で敗れましたが、千葉県ベスト8という素晴らしい成績をおさめることができました。今後の頑張りに期待したいと思います。応援ありがとうございました。

こども県展「県中学校会長賞」受賞

 2年生の福崎愛実さんが第65回こども県展において「千葉県中学校会長賞」を受賞しました。福崎さんは昨年度のこども県展でも入賞していて、今回は大変名誉ある賞をいただくことができました。
 福崎さんのコメント
「このような賞をいただきとてもうれしく思っています。風景画を描くのは苦手なので、奥行きを表現するのが難しかったです。これからもどんなジャンルの絵にも挑戦し頑張りたいです」
 
作品は県立美術館に展示される予定です
 今年度は県立美術館での展示はなくなり、千葉日報社の特設サイトで12月11日から公開される予定となりました。

県大会報告(ソフトテニス部)

ソフトテニス部
男子団体は10月17日の予定でしたが、雨天のため順延となり、24日に天台にある千葉県総合スポーツセンターで我孫子市立久寺家中学校と対戦しました。
残念ながら0‐3で敗退しました。
また、10月18日には個人戦がフクダ電子ヒルスコートで行われました。結果は以下の通りです。
男子 叶屋・船倉ペア 1回戦緑ヶ丘中・勝利(3‐2)2回戦野田南部中・勝利(3‐1)3回戦松戸二中・惜敗(0‐3)
女子 小倉・船木ペア 1回戦幕張本郷中・勝利(3‐0) 2回戦太田中・惜敗(0‐3)
男子、女子ともに今回の成果を普段の生活や練習にいかし、今後の活躍に期待します。

3年生校外学習

 11月13日に、3年生が社会体験の校外学習として、ヒルトン成田ホテルで「テーブルマナー」を行いました。
 2時間目までの授業を行い、その後各クラス3台のバスに分かれて、成田へ向かいました。
 ホテルはとてもきれいで、会場を見た生徒たちからは「結婚式みたい」という声が聞かれました。
     
 300人以上の宴会ができる大きなホールに、4人から5人のテーブルをそれぞれの間隔をとって設置して、ソーシャルディスタンスを確保したランチをとることができました。ランチと言っても、今回のテーブルマナーで供されたのは、「アミューズブッシュ、前菜、スープ、魚料理と肉料理、スペシャルデザートに、パンとコーヒー」のフルコースのフランス料理でした。
  
 ホテルの方が、テーブルマナーについて詳しく教えていただき、生徒たちは、姿勢よく、右手にナイフ、左手にフォークをとり、緊張しながらマナーにそって上品に食事をすることができました。普段の給食なら準備10分、食事10分、片付け5分のところ、12時から1時半までの1時間半をかけてのコースとなりました。
  
 残念ながら給食のように、パン以外は”オカワリ”はできませんでしたが、おいしい食事となかなか体験できないホテルの環境に生徒たちは大満足だったようです。

生徒会役員認証式

 11月9日(月)に新生徒会役員の認証式が行われました。
 今回も各学級にはオンラインでの配信での認証式となりました。
 新生徒会長 石垣雄琉さんからは「旧山武中、山武南中学校が統合してできた新山武中学校の新たな伝統を作り上げ、引き継ぎ、生徒全員でよりよい山武中学校を目指します。」という強い決意が語られました。
  
 その後、旧役員の退任のあいさつ、各委員会の新委員長、各部活動新部長の意気込みの表明が行われました。
 3年生から2年生へ、生徒会の活動が引き継がれます。今後の新役員、委員長、部長の皆さんの活躍に期待します。

郡市秋季大会の結果

 先日11月7日・8日に柔道の郡市秋季大会(新人戦)が行われ、今年度のすべての競技の郡市秋季大会が終了しました。
 今年は残念ながら3年生は春季大会も総体も行うことができませんでした。しかし、その悔しさや競技にかける思いを引き継いだ新チームの生徒たちが、頑張って試合に臨んでくれました。その活躍の結果をお知らせします。また、山武郡市の代表として県大会に出場する部活動もあります。活躍を期待しています。
 なお、個人戦の結果については、学校だよりを御覧ください
野球 準優勝 東金中 惜敗
サッカー 準優勝 成東・成東東・九十九里中合同チーム 惜敗
ソフトテニス 男子 第3位(県大会出場) 東金中 惜敗
       女子 準々決勝 大網中 惜敗
バレーボール 男子 予選リーグ 敗退 蓮沼九十九里・大網中
       女子 予選リーグ 敗退 白里・横芝中
バスケットボール  男子1回戦 九十九里中 惜敗
          女子 優勝(県大会出場) 大網中 勝利
卓球 男子 2次トーナメント 横芝中 惜敗
   女子 1次リーグ 東金東・増穂中 惜敗
柔道 男子 優勝(県大会出場)東金西中 勝利
駅伝 男子 9位 女子 6位

見え方教室開設

 今年度より山武中学校内に千葉県立大網白里特別支援学校のサテライト教室(見え方)が開設されることになりました。
 市内の見え方指導の拠点として通級指導を水曜日に行うことになり、市内の小・中学校の児童生徒は千葉盲学校や大網白里特別支援学校の見え方教室に行かなくても本校で通級指導を受けることができようになりました。
 教室の開室式が新型コロナ感染症拡大の影響を受け延期されていましたが、先週の10月14日(金)に本校図書室で行われました。大網白里特別支援学校からは金坂校長、市東教頭、指導担当の先生方、さらには山武市教育委員会の戸田主幹もおいでいただきました。開設に御尽力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。。

第2回学校運営協議会

 10月9日(金)に第2回学校運営協議会が本校会議室(地域連携室)において行われました。
 今回は第1回の会議を受けて、学校運営協議会として具体的に学校とどのようなかかわりをするのかが話し合われました。
山武中学校の課題について校長の説明を受け、協議会を4つの作業グループに分けてそれぞれのグループでの熟議を行いました。また、地域学校協働活動本部「山武中サポート隊」を設置し、協議会から提案された活動について具体化していくことが話し合われました。
 詳しくは、メニューの中のコミュニティースクールにある2020の「201009CSだより」を御覧ください。

20202インターネットトラブル事例集

 総務省より2020年度版のインターネットトラブル事例集(全体版・追補版)が公表されました。
 インターネットやスマートフォンは、安全に正しく使うことができればとても役立つ便利なものです。しかしながら、事件や犯罪に巻き込まれるきっかけになったり、誹謗中傷やいじめの温床になるなど、残念な事実もあります。また、子供たちが被害を受けるだけではなく、加害者になってしまうケースも生じています。
 これからのデジタル社会を生きていく子供たちを被害者・加害者にしないためにも、インターネット、スマートフォンを始めとするデジタル機器、SNSなどのコミュニケーションツールを「賢く活用する知識・知恵」「ルールを守って使える健全な心」「安全に利用するための危機管理意識」を育むことが、とても大切なのです。
 下記のURLにアクセスして活用ください。

20202インターネットトラブル事例集 全体版
https://www.soumu.go.jp/main_content/000707803.pdf

2020インターネットトラブル事例集(追補版)
https://www.soumu.go.jp/main_content/000707660.pdf

秋晴れの体育祭

10月2日(金)
 昨日は朝から雨降りで残念ながら体育祭は今日に延期。しかし、今日は朝から素晴らしい秋晴れでまさに体育祭日和になりました。
 今年はいつもと違う体育祭でした。「100m徒競走」「全員リレー」「部活動対抗リレー」「選抜リレー」と走る競技が多く、陸上競技大会さながらでした。
 それでも各学年で知恵を絞り、1年生は互いの接触を減らして、与えられたお題をジェスチャーで伝えながら「リレーするジェスチャーリレー」、2年生は選手が混ざらないように赤白陣地での「追いかけ玉入れ」、3年生は二人三脚ならぬ、二人で縄をもってつながっての「障害物競争リレー」を行いました。
    
美術部作成テーマ    実行委員長の話     選手宣誓     準備体操

 また、生徒たちは大声になるのを抑えながらマスクをしての応援となり、中間と選抜リレーの時に給水と手指消毒を兼ねての休憩タイムをとりました。
 今回は保護者や地域の方の観戦を御遠慮願ったので、オンラインによる配信を行いました。前景、中景、近景と3台のカメラを設置して、できるだけ体育祭の様子が伝わるように工夫しました。最後の閉会式は直前に近距離のカメラが動かなくなってしまい、残念ながら近くから閉会式を中継することができませんでした。
 授業だけでなく、学校行事もコロナ禍によって今まで通りとはいきませんが、工夫をして生徒たちがやってよかったと感じられるようなものにしていきたいと思います。今後とも家庭・地域の方の御協力をお願いします。
  3年生最後の体育祭!

学校だより19-25号をアップしました

 学校だより19号から25号をアップしました。
 秋季大会の日程などが掲載されています。
 なお。今年度の秋季大会は生徒と部活動関係者のみの参加となっていて、保護者や一般の方は観戦等ができません。
 大会の結果については、大会終了後、学校メールで配信します。